健康的!自分のペースでウォーキングをする

食べる量を極端に減らすわけでもなく、激しい運動をするでもなく、痩せられたら嬉しいですよね。
日々のウォーキングを日課にして、健康で太りにくい身体を作りませんか?
簡単そうで奥深い「ウォーキング」ダイエットを解剖します。

ウォーキングはダイエットに効くの?

ウォーキングはカロリー消費に繋がるので、ダイエット効果はもちろんあります。
筋力がUPするため基礎代謝が上げられ、痩せ体質が作れます。
しかし正しい方法で実践しなければ効果は半減してしまいます。

気を付けるポイントは?

ウォーキングの際に気を付けるポイントをご紹介します。
<腕を振る>
こぶしを軽く握った状態で、ひじは90度に曲げて振ってください。
腕を振ることで、長時間歩いても疲れにくくなります。
<姿勢よく歩く>
下を向いたり、だらだらと歩いていては意味がありません。
胸を張り、背筋を伸ばし、痩せたい箇所(腹筋や太ももなど)を意識して歩くとより効果的です。
<踏み出しと着地も意識する>
親指で踏み出し、かかとから着地するように心掛けましょう。
これだけでもフォームはかなり綺麗になります。
<早歩きする>
ゆっくりのんびりと歩いていたのでは効果はありません。
ダイエットとして実践するためのウォーキングは早歩きだと肝に銘じて下さい。
<歩く距離を毎回変えない>
今日はしんどいから少なめ、今日は調子良いからたくさん!
などムラのあるウォーキングは長続きしません。
日によって気持ちにムラが出てしまいますが、「毎日、同じ距離」を心掛けましょう。

なんといっても「有酸素運動」

体内に酸素が十分に行き渡った状態で行う運動のことを有酸素運動といいます。
脂肪を燃やすには酸素が必要です。
適度に呼吸をしながら運動ができれば、血液中に酸素が十分に行き渡り、脂肪が酸素と反応して燃えやすくなります。
半身浴やランニングのように、ダラダラとは汗は流れてきませんが、しっかりと脂肪は燃焼されています。

ダイエットサプリはお守り代わりに

最近ではかなり種類が豊富になっているサプリ類。
これで栄養を補い健康になった気分で満足されている方も多いと思います。
もちろんそれ自体にも高い効能はありますが、身体を動かすことをベースに考え取り入れることで、サプリ依存からは脱却できます。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP